2014年06月15日

[マレーシア]マレー半島縦断往復編I 〜クアラルンプール(2)と 〔'14/4/13〜19〕


さて、全旅程の、、、5日目ですね。

ちょいと行きたいところがありクアラルンプール郊外へ。

s-IMG_3275.jpg

モノレールでKLセントラル駅へ。
そこからLRTのクラナジャヤ線に乗り換えます。

s-IMG_3276.jpg

あっちゃこっちゃで建設中。
バンコクと争う大都会になるのでしょうか。
バンコクもずっと建設ラッシュですが。

s-IMG_3287.jpg

10分も乗ると郊外の住宅街へ。
閑静な、といった感じ。

s-IMG_3292.jpg

そして終点のクラナジャヤからタクシーに乗って
プタリン・ジャヤにあるウタマショッピングセンターへ。
普通にイオンみたいですね。
ちなみにタクシー代は20MRでした。

s-IMG_3294.jpg

ベスト電器も来てるんですね。

s-IMG_3296.jpg

目的はこちら。
書きませんでしたがシンガポールでもお邪魔しております。
ま、あまりこれといったものはありませんでした。。。

そして、昼飯を食べて戻ります。
帰りのタクシーはメーターを回しておりまして、
8MRですって!行きは思いっきりボラれてたのね(;^ω^)
相場をわかってないと、こういうことになる。ハイ。

s-IMG_3306.jpg

LRTの駅で気になる注意書きが。
「渡っちゃいけません」

s-IMG_3309.jpg

KLセントラルを過ぎて、中心街へ近づきます。
KL旧中央駅とその向こうにKLタワーとペトロナスタワーが見えてきます。
この先、地下に入ります。

s-IMG_3316.jpg

KLCC(KLシティセンター)駅から出て上を見上げると、
カーッとまぶしい天空にそびえるペトロナスツインタワー。

s-IMG_3320.jpg

F1マシンが出迎えてくれます。

s-IMG_3325.jpg

しかし、チケット完売。。。
午前中には売り切れちゃんですって。
今度は朝一で来ないとだめですね・・・

ま、クアラルンプールにはもいっこ高い建物があります。
ムナラKL/KLタワーに行きましょう。
LRTでダン・ワンギ駅へ。

s-IMG_3334.jpg

タワーは丘の上にあるのですが、
しかしこの駅、タワーの入り口の反対側にありやがる。。。
どこが最寄りの駅じゃい><
30分くらい歩かされましたョ。

s-IMG_3344.jpg

お隣のペトロナスツインタワーさん。

入場料45MR≒1500円ですよ、高いネ。
屋根の上に出るツアーが90MR/hでありましたが、
雨近いのと怖いwのでやめました。

s-IMG_3355.jpg

真ん中の黒い建物がKTM本社。
その左がビルに隠れてKL旧駅。
その向こうにKLセントラル駅。


さて、あとはもう疲れましたw
夜9時半発の列車ですが、観光する気力はありません。
喫茶店で本を読みながらまったり時間つぶし。

s-IMG_3357.jpg

s-IMG_3363.jpg

s-IMG_3366.jpg

その夜、疲れて寝台で寝たいところですが、
生憎の満席(キャンセルも出てなかった…)で、座席です。
相変わらずテーブルは壊れてありません。

出発して小一時間、困ったことが。
やたら寒い!冷房効かせすぎ!

わかってたので、長袖のフリース持ってきてますが、
それでも寒いってばYO!
どうして東南アジアはこうなんだ??
周り見てもみんな震えてますよ??

s-IMG_3374.jpg

夜半過ぎ、バタワースに到着。
たまらず外に出て、体を温めますw

ここでスイッチバックなので、機関車を付け替えです。

s-IMG_3378.jpg

s-IMG_3380.jpg

そして、待ち焦がれた夜明けw
車内が暖かくなってきて、ホッとします・・・
ジーンズは私の足w寒くて丸まってたんですよw

s-IMG_3383.jpg

朝8時ごろだったかな国境の駅パダンプサールに到着です。
出入国手続きを済ませ、1時間ほど待ちます。
上の食堂で朝飯食って来いとな。

s-IMG_3389.jpg

s-IMG_3393.jpg

タイ料理のようなマレー料理のような。
味的にマレー料理かな?

s-IMG_3384.jpg

ん、外に出れる

s-IMG_3388.jpg

出ちゃいましたw
もうマレーシアの出国済ませてるんですけどねw
そそくさと戻ります。

s-IMG_3385.jpg

s-IMG_3386.jpg

列車はと言えば、一度引き上げていきました。
こちらもやはり、全車両が国境を超えるわけではなく、
後ほど国境を超える2両だけに組成し直してました。

s-IMG_3390.jpg

タイ側からは、
行きに乗ったバタワース行き国際列車がやってきます。

s-IMG_3403.jpg

身軽になった列車が機関車に押されて入ってきます。
座席車1両と寝台車1両、そして電源車。

s-IMG_3407.jpg

そして、先ほどやってきたタイ国鉄の機関車を取り付け、
出発を待つのみです。

s-IMG_3409.jpg

マレーシアもこれで終わり。
いよいよ帰ってきたという感じですね。
といってもあと2日ありますが。


posted by DAIG☆ at 12:13| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。